[コラム]不倫(不貞)の証明について

 昨今,有名人の不倫報道が多数なされており,その中では,当事者の釈明として「(ホテルには一緒に行ったが,)一線は超えていない。」というものが使われることがあります。
 裁判の場において,ホテルに出入りするような証拠をとられていながら,このような言い訳がとおるのでしょうか。
 そのような疑問も含め,よく質問される事項・誤解の多い事項に答える形で,不貞行為の「証拠」について考えてみたいと思います。

Q:証拠がないと請求できないのですか?
 請求すること自体には証拠は不要です。
証拠が必須となるのは,裁判において相手方が不貞行為の存在等について争っている場合のみです。
 もっとも,根拠もなく裁判を提起したりすると,逆に損害賠償請求がなされてしまうリスクはあります。

以降は請求の相手方が不貞行為を否定しており,裁判が想定されるケースを前提としています。

Q:これって決定的な証拠ですよね?
 それ単体で不貞行為の存在を認定できるような証拠はそう多くはありません。
 誰が考えても言い逃れ不可能であるような証拠(性行為を撮影した動画等)は,もちろん決定的な証拠となりえますが,密行性が高い不貞事案ではそのような証拠があるのは稀です。
 ほとんどのケースでは,単体ではそこまで強くない証拠を積み重ね,不貞行為の存在を証明していくことになります。

Q:配偶者の自白(録音や書面)があります!決定的ですよね?
 配偶者への請求であれば強い証拠となりえますが,そうでなければそこまで強い証拠ではないです。狂言であったり,真の不貞相手をかばったりしている可能性等が捨てきれないからです。
 なお,請求している相手方自身の自白は,その自白の状況次第で強い証拠となりえます。
もっとも,決定的か否かはケースバイケースでしょう。

Q:配偶者の携帯から勝手に証拠を収集したのですけど,証拠になりますか?
 違法性の強い方法で収集していない限り,民事で証拠能力が否定されることはほぼありません。
 もっとも,その配偶者から責任を問われる可能性はあります。

Q:LINEやメールって証拠にならないって言われたのですけど?
 内容次第では強い証拠になります。たとえば,具体的な日時・場所付きで,過去の性行為を振り返っているやりとりなどは,かなり強い証拠となりえるでしょう。

Q:性行為そのものを証明するような証拠がないと勝つのは難しいですよね?
 そうとも限りません。たとえば,冒頭の事案のようにラブホテルに一緒に入るところをおさえられていたりすると,それ単体で不貞行為が認定される可能性が高いです。
 普通のホテルであっても,一緒の部屋に宿泊したことがわかる証拠があるならば,やはりそれ単体で不貞行為を認定できる可能性があります。
 また,単体では弱い証拠であっても,他の証拠と補強しあって強い証明力を有するケースも多々あります。
あきらめる必要はありません。

Q:不貞行為を証明できるような証拠がない場合,泣き寝入りするしかないのですか?
 「不貞行為」まで証明できなくとも,「不適切な関係」を証明できるケースであれば,その限度で損害賠償請求が認められる可能性があります。
 もっとも,金額としては低くなりがちです(せいぜい数十万円)。

 裁判官の事実認定は,「経験則」をもとにしていますので,皆さんの感覚と裁判官の認定が大きく乖離することはあまりありません。
 しかし,訓練を積んだ専門家として,独特の部分がないわけでもありません。手持ちの証拠で足りるのか,今後どのような証拠を収集してよいのか等悩まれているのであれば,同じ専門家である弁護士に相談してみるのをおすすめします。

当事務所は男女問題に関する事件も扱っています。お気軽にご相談下さい。
東京都江東区豊洲4-2-1 萩原商店ビル302
豊洲駅前法律事務所(豊洲駅から徒歩1分)
Tel:03-5534-9678

2018年10月03日